QRコード
さくらんぼ薬局
モバイルサイトQRコード

管理栄養士のおすすめレシピ バックナンバー【5】

ソラマメ

ソラマメはサヤが空を仰ぐようになるため「空豆」と書くことが一般的ですが、他にサヤの形が蚕に似ている、サヤの内側が蚕の繭に似ていることから「蚕豆」と書くこともあるようです。 また「四月豆」「五月豆」「雪割豆」などと季節を感じる書き方もあり、その名の通り市場に出回る期間もあまり長くありません。今が旬の空豆、見つけたらぜひ味わってみてください。

<主な栄養素>
カリウム・・・高血圧予防に役立ちます。
鉄・・・・・・貧血予防に役立ちます。
食物繊維・・・便秘予防に役立ちます。
亜鉛・・・・・不足すると味覚異常を起こす可能性があります。


 
春巻き(4本分)
春巻き(4本分)
春巻きの皮・・・・・・・・・・・・・・・・・・4枚
ソラマメ(茹でて皮から出す)・・・・・・・・・16粒程度
白身魚(10cmくらいの長さに細く切る)・・・60gを2切れ程度
たまご(茹で卵にする)・・・・・・・・・・・・1個
①茹で卵はみじん切りにして、塩とマヨネーズで和える。
②春巻きの皮に①の卵、ソラマメ、白身魚の順に乗せ、包む。
③②を170~180℃の油で揚げる。



ソラマメ豆腐(4人分)
ソラマメ豆腐(4人分)
ソラマメ(茹でて皮をむく)・・・・20粒程度
絹豆腐・・・・・・・・・・・・・1丁(400g)
コーンスターチ・・・・・・・・・30g(大さじ5)
①ソラマメと絹豆腐を合わせ、滑らかになるまでミキサーにかける。
②①にだし汁100ccとコーンスターチを加えよく混ぜ鍋に入れ、なべ底を焦がさないように木べらでかき混ぜながら弱火にかけて練る。
③水で濡らした型に②を流し入れ冷蔵庫で冷やす。
④③が冷えて固まったら型から出し、適当な大きさに切り器に盛る。お好みでしょうゆをかける。


*メニューには離乳食やアレルギーのある方に適さない食品が含まれているものもございます。ご注意ください。

2017.05

 

しらす

しらすは頭からしっぽまで丸ごと食べられ、カルシウムを多く含む骨、鉄分を多く含む内臓もまとめて食べられるので日本人に不足しがちな栄養素が手軽に摂れます。また、軟らかく、塩抜きすれば離乳食から、また高齢者まで安心して食べられます。
鮮度が落ちやすいため生で食べられる機会は少ないですが、今が旬のしらすをぜひ味わってみてください。


<主な栄養素>
カルシウム・・・骨を丈夫にします。
(しらすにはカルシウムの吸収を良くするビタミンDも含まれるので効率よくカルシウムを摂ることができます)
鉄・・・・・・・貧血予防に役立ちます。
DHA・EPA・・・コレステロールを下げる効果があります。


 
レモンクリームパスタ(2人分)
レモンクリームパスタ(2人分)
スパゲティ・・・・・・・・・・・・・・・・140g
小松菜(3㎝位に切る)・・・・・・・・・・2本
しらす・・・・・・・・・・・・・・・・・・15g
レモン(2枚スライスして、残りは絞る)・・1/2個
生クリーム・・・・・・・・・・・・・・・・100cc
①深いフライパンに油を熱して小松菜を炒め塩、こしょうする。
②スパゲティは記載されているゆで時間でゆでる。
③①に生クリームとしらすを加え混ぜる。
④③に茹であがったスパゲティを加え混ぜる。(お好みでゆで汁を加え、塩で味を調える)
⑤最後にレモン汁を加えて軽く混ぜる。
⑥皿に⑤を盛りつけ、スライスしたレモンを飾る。




中華和え(1人分)
中華和え(1人分)
レタス・・・・・・・・・・50g
しらす・・・・・・・・・・5g
韓国海苔・・・・・・・・・適量
ゴマ油・・・・・・・・・・適量

①レタスは一口大に切る。
②①のレタスと韓国海苔、しらすを和えて、ゴマ油をかける。


*メニューには離乳食やアレルギーのある方に適さない食品が含まれているものもあります。ご注意ください。

2017.04

 

キャベツ

今が旬の葉が軟らかく生食に向いている春キャベツ、夏に出回る夏秋キャベツ、煮ると甘みが増す冬キャベツ、と季節に合わせて品種分けして作られ1年中集荷されているキャベツです。千葉県産の物も多く出荷されています。ぜひ採れたてのおいしいキャベツを召し上がってみてください。

<主な栄養素>
ビタミンC・・・・・美肌効果があります。
ビタミンU・・・・・胃や十二指腸の潰瘍を予防する効果があります。ただし、熱に弱いので生食がおすすめです。


 
キャベツたっぷりメンチ(直径6㎝×9個分)
キャベツたっぷりメンチ(直径6㎝×9個分)
キャベツ(みじん切り)・・・・・・・300g(1/4個)
鶏むねひき肉・・・・・・・・・・・・200g
ゴマ油・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
薄力粉・卵・パン粉(細かい物)・・・適量
①キャベツ、鶏むねひき肉、ゴマ油、塩を混ぜてよく練る。
②①を直径5㎝の球場に丸める。(まとまりづらいが力を入れて丸める。)
③②に薄力粉、溶き卵、パン粉の順につける。
④170度に熱した油に③を入れ、ゆっくりと転がしながら揚げる。表面が固くなったら温度を少し下げて中まで完全に火が通るように揚げる。



巾着焼き(4個分)
巾着焼き(4個分)
油揚げ・・・・・・・・・・・・・・・・2枚
キャベツ(千切り)・・・・・・・・・・100g
塩昆布、かつお節、とろけるチーズ・・・適量
①油揚げは熱湯をかけ、菜箸やめん棒などでコロコロと全体を押さえてから1/2に切って袋にする。
②キャベツ、塩昆布、かつお節、とろけるチーズを混ぜて①の油揚げに詰め、楊枝で口を止める。
③フライパンに②を並べ、蓋をして弱火で両面焼く。


*メニューには離乳食やアレルギーのある方に適さない食品が含まれているものもあります。ご注意ください。

2017.03

 

おから

おからは豆乳を作る際のしぼりかすですが、たんぱく質やカルシウム、食物繊維などの栄養素をたっぷり含んでいて美容と健康に効果的な食品として注目されています。
消費期限の目安は、生おからは冷蔵保存で2~3日程度、冷凍保存で1~2ヶ月程度ですが、乾燥おからなら常温保存で3~6ヵ月とされています。ぜひいろいろな料理に使ってみましょう。


<主な栄養素>
たんぱく質・・・・・・・・・筋肉や内臓、皮膚を丈夫にします。
カルシウム・・・・・・・・・骨や歯を丈夫にします。
食物繊維・・・・・・・・・・便秘を予防します。
大豆サポニン・・・・・・・・コレステロールの吸収を防ぎ、動脈硬化を予防します。


 
揚げ餃子(4人分)
揚げ餃子(4人分)
餃子の皮・・・・・・・・・・・・・1袋
おから(生)・・・・・・・・・・・30g
鶏ひき肉・・・・・・・・・・・・・100g
キャベツ(みじん切り)・・・・・・200g
たけのこ(みじん切り)・・・・・・100g
生姜(みじん切り)・・・・・・・・1かけ
①おから(生)と鶏ひき肉、キャベツ、たけのこ、生姜、みそ少々、塩少々を合わせてよく練る。
②餃子の皮で①を包み、油で揚げる。(お好みで好きな調味料をつける。)



ポテトサラダ風(4人分)
ポテトサラダ風(4人分)
おから(生)・・・・・・・・・・・・100g
きゅうり(薄い輪切り)・・・・・・・2本
ハム(1cm角に切る)・・・・・・・1パック
オリーブオイル・・・・・・・・・・・適量
マヨネーズ・・・・・・・・・・・・・適量
①フライパンにおから(生)を入れ、弱火にかけて焦げないように注意しながら炒める。
②きゅうりは塩もみし水分を絞る。
③①のおから、②のきゅうり、ハムを合わせて、塩、オリーブオイル、マヨネーズで和える。


*メニューには離乳食やアレルギーのある方に適さない食材が含まれているものもあります。ご注意ください。

2017.02

 

クリスマスメニュー

イエス・キリストの生誕を祝うクリスマス。日本ではチキンを食べることが定番になっていますが、アメリカでは七面鳥の丸焼き、イギリスではローストビーフ、スウェーデンではユールシンカという豚肉の料理、ハンガリーではハルスレーという魚のスープと国によって定番料理が違います。
今ではいろいろな種類のケーキを食べるようになった日本ですが、もとはイチゴを飾ったケーキが主流でした。外国のケーキは、フランスでは薪の形をしたブッシュドノエル、ドイツではドライフルーツやナッツを入れたシュトーレン、イタリアではドライフルーツをたっぷり入れたパネトーネが定番になっています。
今回は、鶏肉料理とブッシュドノエルをイメージしたケーキのレシピを紹介します。

マーマレード風ローストチキン(2人分)
  • 鶏もも肉・・・・・・・・・2枚
  • マーマレードジャム・・・・大さじ3
  • しょうゆ・・・・・・・・・大さじ3
  • 塩・こしょう・・・・・・・適量
  • ①鶏もも肉は、黄色い余分な脂肪を取り、厚い部分には包丁を入れ厚さを均等にし、塩・こしょうを振る。
  • ②ジプロックにマーマレードジャムとしょうゆを入れてよく混ぜ、①の鶏肉を入れてもみ冷蔵庫で1日置く。(途中上下を返す)
  • ③200℃のオーブンで15~20分焼く。(表面が焦げそうなら、アルミホイルをのせる)
    *オーブンがない場合は、コンロの魚焼き、あるいはオーブントースターで表面を焼いてからフライパンに移し、蓋をして弱火で焼く。

 

ブッシュドノエル
  • ロールケーキ・・・・・1本
  • ホイップクリーム・・・適量
  • 飾り・・・・・・・・・適宜
  • ①ロールケーキは端を斜めに切る。
  • ②皿に土台となるロールケーキを置き、上に①の部分を乗せホイップクリームでデコレーションする。フォークを使うと木の感じが出る。
  • ③飾りを乗せる。

(チョコホイップクリーム)
  • 生クリーム(動物性)・・・200ml
  • スィートチョコレート・・・60g
  • ①生クリームの半量を耐熱性のボールに入れ500wのレンジで約1分加熱する。そこへ刻んだチョコを入れてゆっくりと泡だて器で混ぜてチョコを溶かす。
  • ②①をボールごと氷水に当て、チョコクリームが人肌程度の温度になったら残りのクリームを加え混ぜる。
  • ③②を冷蔵庫に入れ完全に冷えたら7分立てになるようにホイップする。

 

*メニューには、離乳食やアレルギーのある方に適さない食材も含まれております。ご注意ください。

2016.12

 

カリフラワー

日本では白(クリーム色)が多く生産されていますが、オレンジや紫色の品種もあります。最近は、日本でもロマネスコと呼ばれる品種が店頭でよく見かけられるようになりました。

<主な栄養素>
  • ビタミンC・・・・美肌効果があります。
    *カリフラワーに含まれるビタミンCは、加熱による損失が少ないので風邪予防や免疫力アップの効果が期待できます。
  • カリウム・・・・血圧抑制効果があります。
  • 食物繊維・・・・便秘予防に役立ちます。
カリフラワーは一度に食べる量が比較的多いので、その栄養も多く取れます。

ゆで汁にレモン汁か酢を入れると、きれいな白色になります。また、ゆで汁に小麦粉を少々入れるとふっくらと茹で上がります。ゆですぎると煮崩れを起こしてポソポソとした食感になるので気をつけましょう。新鮮なものは生のままサラダやマリネなどにして食べられます。

 

ケークサレ(直径30cm×1枚分)
  • ホットケーキミックス・・・・・・・100g
  • 絹豆腐・・・・・・・・・・・・・・1/2丁
  • コーングリッツ・・・・・・・・・・20g
  • カリフラワー(小さめに切る)・・・1/5房位
  • グリーンアスパラ(1㎝に切る)・・・2本
  • ウインナー(1㎝に切る)・・・・・・1/2袋
  • 卵・・・・・・・・・・・・・・・・1個
  • 牛乳・・・・・・・・・・・・・・・100㏄位
  • ①ボウルに卵を割り、絹豆腐を加えて泡立て器でよく混ぜる。そこへホットケーキミックスとコーングリッツを加え混ぜ、牛乳を加えながら硬さを調節する。
  • ②①にカリフラワー、グリーンアスパラ、ウインナーを加えて混ぜる。
  • ③フライパンを熱して油をひき、②を流し、弱火で蓋をしてゆっくりと焼く。
    *オーブンを使用する場合は、型に流して200℃で15~20分焼く。

 

カリフラワーバンズハンバーガー(3個分)
Aバンズ
  • カリフラワー(フードプロセッサーかミキサーにかける)・・・・・・・1株
  • 薄力粉・・・1/2カップ
  • たまご・・・1個
Bハンバーグ
  • 豚と牛のひき肉・・・・・・・・・・・・200g
  • 玉ねぎ(みじん切りにして炒める)・・・1/2個
  • パン粉(牛乳か豆乳で湿らせる)・・・・少々
  • 卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
Cトッピング
  • トマト(輪切りにする)・・・・・・・・1個
  • パプリカ(輪切りにして油で焼く)・・・1/2個

 

Aの作り方
  • ①細かくしたカリフラワーに溶き卵と薄力粉を加えて全体がモッタリとした硬さになるように混ぜる。
  • ②熱したフライパンに油をひき、①を直径7~8㎝程度になるように丸くして裏表返しながら焼く。(1個につき2枚)
Bの作り方
  • ③豚と牛のひき肉に、炒めた玉ねぎ、湿らせたパン粉、溶き卵を加えて混ぜる。
  • ④熱したフライパンに油をひき、③を②の大きさに合わせて焼く。
仕上げ
  • AにBのハンバーグ、Cのトマト、焼いたパプリカを挟む。
    (お好みでトマトケチャップをつける)
  • *今回はロマネスクを使用しています。

 

*メニューには離乳食やアレルギーのある方に適さない食品が含まれているものもあります。ご注意ください。

2016.12

 

にんじん

にんじんの本来の旬は9月から12月頃ですが、今では1年中市場に出回り、その価格も比較的安定しています。
鮮やかなオレンジ色でお料理のアクセントとしても重宝するにんじん。いろいろなお料理に使ってみましょう。

<主な栄養素>
  • カロテン(必要な分だけが体内でビタミンAに変わります)・・・喉や鼻の粘膜を正常に保ちます。
  • ビタミンB群・・・食べ物の代謝に役に立ちます。
  • ビタミンC・・・・美肌作用や抗酸化作用があります。
  • カルシウム・・・  骨を丈夫にします。
  • 鉄・・・・・・・  貧血予防に役立ちます。

 

にんじんしりしり(2人分)
  • にんじん(太めのせん切り)・・・1本
  • 卵(溶いて塩を混ぜる)・・・・・1個
  • ①熱したフライパンに油をひき、ニンジンを炒め、塩、昆布だしで調味する。
  • ②①に溶き卵を加え、さらに炒める。
    (乳幼児には、卵が半熟にならない様に注意してください。)

 

柿入りなます(4人分)
  • 大根(せん切り)・・・・・・・1/4本
  • にんじん(せん切り)・・・・・1/2本
  • 柿(せん切り)・・・・・・・・1個
  • 合わせ酢(酢・・・大さじ4  さとう・・・大さじ2  しょうゆ・・・小さじ1/2)
  • ①大根とにんじんは、それぞれ塩もみして10分程度置き水気を絞る。
  • ②酢・砂糖・しょうゆを合わせたものに、大根、にんじん、柿を漬ける。

 

*メニューには、離乳食やアレルギーのある方に適さない食品が含まれているものもあります。ご注意ください。

2016.11