QRコード
さくらんぼ薬局
モバイルサイトQRコード

レシピ

  • 件 (全件)
  • 1

ネトル

  『ハーブティーの部屋』   Vol.7:貧血と花粉症対策に ネトル♪ 
                                                            

ハーブティーの部屋
第8回目は『ネトル』です☆

ネトル』…あまり聞かない名前ですよね~
私もメディカルハーブの本を読んで初めて知りました!

では早速、ネトルのご紹介♪

【科名】イラクサ科
【和名】セイヨウイラクサ

【主な効能】・花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患 
            ・利尿作用
            ・浄血作用 
            ・貧血

 昔から浄血と造血を目的に使われてきたハーブであるネトルはビタミン・ミネラル・鉄分などの人体に必要な栄養素をバランスよく含み、血液の汚れを浄化し、体質の改善が期待できると言われています。
 ハーブが日常的に使用されているドイツでは、春先のアレルギーなどの疾患に対し、春季療法としてネトルティーが使用されているそうです。花粉症対策としては症状が出始める前から免疫力を高めるエキナセアとブレンドしたハーブティーを飲むと効果的!らしいです(^0^)

 毎回健康診断で貧血と診断され、アレルギー性鼻炎(もつろん花粉症も♪)と長いお付き合いの私向き!最近気になるハーブです♪


市川南店 医療事務より

2014-05-12 14:30:00

折りたたむ

ドクダミ茶

 『ハーブティーの部屋』   Vol.7:どくだみ茶で便秘解消!! 
                                                           
こんにちは。
寒い日々が続いてますね。先日風邪をひいてしまった私ですが・・・
今年もゆるやか~なペースでハーブティーをご紹介していく予定ですのでたまに覗いてみてください♪

さて今回のハーブは・・・
 『ドクダミ』です!!        
       

ドクダミと聞いてハーブティーという発想はなかなか無いと思いますが、これも立派なハーブ♪

【ドクダミ】
科名:ドクダミ科
日本薬局方では「ジュウヤク(十薬)」という名前で記載されています
→十の効果があるということからこの名前がついたそうです

【効能・効果】
・利尿作用 ・緩下作用 ・抗菌・消炎作用 ・解毒作用 ・血液消化作用、などなど

ドクダミというと日当たりの悪いじめっとした土地に生える臭い葉っぱというイメージしかありませんでしたが、昔から生薬として重宝されていた植物ということを知り、ドクダミを見る目が変わりました!
本来は“ドクダミ”ではなく之布岐(シブキ)という名前だそうですが、あの独特の臭いがまるで毒を溜めているかのようだ!ということから毒溜め→どくだみへと変化したとかしないとか・・・。

*どくだみ茶によって期待できるコト*
★デトックス効果
→これにより便秘が解消、老廃物が排出されることによるニキビの改善、むくみなどに効果が期待できる
★血液浄化作用による体質改善
→花粉症・アレルギー・アトピーなど

どくだみ茶自体はノンカフェインなので健康維持のために日常飲むにはおすすめなお茶ですね♪


市川南店 医療事務より

 

2014-01-22 15:00:00

折りたたむ

ハーブティーの部屋 ~レモンバーム~

     『ハーブティーの部屋』   Vol.6:レモンバームでほっと一息・・・  
                                                           


猛暑も過ぎ去り、すごしやすい季節になりましたね♪

さてさて、今回のハーブは何にしようかと考えていたら、なんとなく目にとまった『レモンバーム』!
ということで今回はレモンバームをご紹介☆
 

【レモンバーム】          

科名:シソ科
和名:セイヨウヤマハッカ
地中海東岸から中央アジア原産の植物で見た目はシソの葉に似ていて、レモンに似た香りがします。
レモンバームの花を好んでミツバチが寄ってくることから、ギリシア語でミツバチを意味する「メリッサ」という名前でも呼ばれています。 

【効能・効果】
・鎮静 ・鎮痙 ・抗菌 ・抗ウィルス ・健胃作用

レモンバームは古代ギリシア・ローマ時代からメディカルハーブとして重宝されていたそうです。
特に神経性の消化器の不調、頭痛や不眠といった症状に効果的とされています。 
パニックやヒステリーで自分自身をコントロールできなくなってしまった時などには興奮を鎮めて落ち着きを取り戻す手助けをしてくれます。
また研究によって強い抗菌効果がヘルペスウイルスに効果的ということがわかり、ヨーロッパでは口唇ヘルペス用の薬にレモンバームが使われているそうです。


自分の家はマンションで庭がないので、来年の春に実家の庭にでも植えてみようかと勝手に計画中な今日この頃でした\(^0^)/



市川南店 医療事務より


イラストわんパグ   イラスト無料素材/季節と動物の可愛いイラスト集
イラスト素材の素材ダス   ホームページ制作用のイラスト素材サイト。 

2013-10-11 13:00:00

折りたたむ

ハーブティーの部屋 ~ダンディライオン~

        『ハーブティーの部屋』   Vol.5: 強力な利尿作用 ダンダィライオン                   
                                                                                                                      

第5回目にご紹介するハーブは『ダンディライオン』です!
名前は勇ましい感じですが・・・春になると道端でよく見かける誰もがご存知のタンポポです♪

葉の形がライオンの歯に似ていることから、フランス語でライオンの歯という意味の「dent-de-lion」が名前の由来だそうです。

                                                                                                                

科名:キク科
和名:セイヨウタンポポ
原産地:ヨーロッパ

→「タンポポと言えば黄色い花でしょ」、というイメージしかない方も多いと思いますが、タンポポにも色々な種類があり、ダンディライオンは外来種・日本の在来種の物については地方によって色や形が違うタンポポが存在しています。
ちなみに外来種と在来種の見分け方は、花びらの下についている緑色の葉っぱのような部分(総苞片)が反り返っているのが外来種、花びらに沿うような形になっているのが在来種です。


【主な作用】
・利尿作用 ・肝機能改善 ・消炎作用 ・催乳 ・緩下 ・消炎 ・健胃

ヨーロッパでは春にダンディライオンの葉を山菜感覚で食べるそうです☆
葉はビタミン・ミネラル・カリウム・鉄などを含み、特にカリウムは豊富に含まれており、利尿作用で高血圧やむくみに効果的です。
強力な利尿作用から、「おねしょのハーブ」とも呼ばれます(^-^)

根っこの部分は乾燥後、焙ったものがノンカフェインのタンポポコーヒーとして有名です。                         
葉の部分はお浸しやサラダ、天ぷらなどで食べることができます★  

いつか自分でタンポポコーヒーを作ってみたいという野望がありますが、まず汚染されていない綺麗なタンポポを入手できるのか?!という難題が・・・。
タンポポを食べてみよう♪と思った方、わん太郎の散歩ルートになっていないような場所で摘んでくださいね(^0^)


イラスト  素材屋花子

2013-07-16 09:00:00

折りたたむ

ハーブティーの部屋 ~マテ茶~

   『ハーブティーの部屋』   Vol.4:飲むサラダ マテ茶!   
                                                          

第4回目は、飲むサラダ『マテ茶』です!

マテ茶はペットボトルでも販売されていますし、CMも流れているので皆さんご存知かと思いますが、
ちょっと調べてみると色々と万能なお茶のようです♪

まずはマテ茶のご紹介っ!                                                           
                                                                   

☆マテ茶は南米のアルゼンチン、ブラジル、パラグアイなどに生育するモチノキ科のイェルバ・マテの葉や枝を乾燥させたもので、南米の国々では日常飲料として親しまれているお茶です。
                                                


【主な作用】
・肉体疲労・精神疲労・貧血・利尿・脂肪分解・骨粗しょう症の予防などなど・・・

緑茶やワインよりも抗酸化力が高く、美容にも効果的!また鉄分が多いことから女性に嬉しいお茶ともいえます♪
カフェインも緑茶より少ないので夜飲んでも安心★
ポリフェノールのひとつである「フラボノイド」が豊富に含まれており、血中の中性脂肪や悪玉コレステロール値を低下させる作用があるそうです。

野菜が育ちにくい環境で暮らす南米の人々は肉料理が多くなってしまうため、野菜不足解消のためにこのマテ茶を日常的に飲んでいるとのこと(^-^)
肉料理が好きで野菜が不足しがちな方にもおすすめですねっ!

スーパーではあまり見かけませんが、輸入食品を扱うお店などでは400円~500円くらいで販売されています。
生活習慣病予防に、レッツマテ茶っ!
    
             



イラスト

2013-05-14 09:05:43

折りたたむ

ハーブティーの部屋 ~エキナセア~

    『ハーブティーの部屋』   Vol.3:インフルエンザや風邪の予防に エキナセア   


                                                              

ご無沙汰しております、市川南店のO川です

毎月紹介しますと言っておきながら・・・
なんだかよくわからないタイミングで更新しているハーブティーの部屋ではありますが、
ひっそりとご紹介を続けていきますので、どうしようもなく暇な時にでも覗いてくだされば幸いです♪


ということで、第3回目にご紹介するハーブティーは『エキナセア』です★
 

☆エキナセアはキク科の植物で、インフルエンザや風邪などの予防や症状の緩和、抗菌作用
・抗ウィルス作用・抗炎症作用があり、ヨーロッパでは処方薬のうち200種類以上にエキナセアの
エキスが使われているそうです。
主に根の部分、または開花に向けて成長過程にある地上部分が使用されおり、エキナセアの
中でも『エキナセア・パーピュリア』という品種が特に能力が高いようです。

花がきれいなので日本では主に観賞用ですが、北アメリカの先住民の間では古来よりヘビに
噛まれた時の消毒薬、化膿止めとしてエキナセアを利用していたそうです。


【効能・効果】

主な作用は ⇒ ・免疫賦活 ・創傷治癒 ・抗菌 ・抗ウィルス ・消炎

★風邪やインフルエンザなど感染症が流行り出したら2~3週間連続で飲むと効果的だそうです♪
  

2013-03-12 09:50:03

折りたたむ

ハーブティーの部屋 ~ミルクシスル~

  『ハーブティーの部屋』   Vol.2:肝臓を助ける ミルクシスル   


こんにちは 市川南店の“O” です。                                              

                                                          
さて今回ご紹介するのは「ミルクシスル」です。

 



そんなん聞いたことないわっ!という方も多いと思います。
私も本を読んで知りました。。。

これからの季節、歓送迎会などお酒を飲む機会が増えますよねっ
             ↓
アルコールでダメージを受ける臓器といえば肝臓
             
ならばそんな肝臓さんを助けるハーブはないものかと探してみたところ、この「ミルクシスル」を見つけました♪


☆ミルクシスルはキク科の植物で、和名をオオアザミ、マリアアザミといい、赤紫色の花が咲きます。
この花の種子に含まれる「シリマリン」という成分が様々な肝臓病に効果的で、古代ギリシャ時代から治療薬として用いられてきたそうです。


【効能・効果】

主な作用は ⇒ ・抗酸化  ・細胞膜安定化 ・タンパク合成促進


主な適応は ⇒ ・肝硬変 ・アルコール性肝炎 ・脂肪肝 ・薬物性肝炎・・・等


★ミルクシスルの種子に含まれるシリマリンという成分には肝細胞の細胞膜を保護し、毒物が細胞膜内に進入するのを防いだり、有害な活性酸素を無毒化し、肝細胞の損傷を防ぐ働きがあります。
さらに、すでに損傷を受けてしまった肝細胞のタンパク合成を促進し、細胞膜の修復を促し、肝臓病の予防と治療に役立ちます。

種子をつぶしてハーブティーとして飲むこともできますが、サプリメントで摂るほうが効果的だそうです!
サプリメントはドラッグストアで入手可能です☆

 

 

2013-01-18 09:18:09

折りたたむ

ハーブティーの部屋 ~ルイボス~

      『ハーブティーの部屋』   Vol.1:美肌にはルイボスティー   

 

さくらんぼ薬局のホームページで毎月ハーブを紹介していくことになりました 市川南店の“O” と申します!              

ポピュラーなものからマニアックなものまで色々と取り上げていきたいと思っていますので、よろしくお願いします♪            


 

 

記念すべき第1回目は・・・「ルイボス」です★

ルイボスは南アフリカ共和国の最南端にあるシェダーバーク山脈の周辺にしか生息しない貴重なハーブです。
『不老長寿のお茶』として南アフリカの先住民に親しまれてきたお茶だそうです。

【効能・効果】

主な作用は ⇒ ・抗酸化作用 ・代謝促進

抗酸化作用が強いので、肌荒れ・しみ・シワなどを予防するという美肌効果があると言われており、その他には便秘、冷え性にも効果的だそうです。
ノンカフェインなので妊婦さんも安心して飲むことができるハーブティーです♪
また、アトピー性皮膚炎・花粉症・鼻炎などのアレルギー性疾患の症状を緩和する働きもあるとのこと!

 

美肌にいいと言われるものにはすぐ飛びつき、鼻炎で年中鼻水に悩まされている私としては、大変興味深いハーブの1つです(^0^)
ちょっとくせのある味ですが、わりと飲み易く、食事の時にもおすすめです♪

スーパーなどでも売っているので興味のある方は、試してみてはいかかでしょうか?

2012-11-05 14:51:48

折りたたむ

万能です、ハーブティー ♪

ハーブとは?

ひと言で表すと「野草」。人にも有用に働く植物全般を指します。種類も豊富です。

植物の種類によって作用も異なり、身近な疾病に効果的なハーブもたくさんあります。

 

今回は私が個人的に、親しみやすいと思われるハーブを数種類ご紹介したいと思います!

★ミント・・・胃腸不全・食欲不振に効果的。 殺菌作用もあり料理にも使えます。    
       ホームセンターなどで手に入れやすいのもポイントですねっ♪
       ミントの葉っぱをカップに入れ、直接お湯を注いだらお手軽ミントティーになります。

                                              ミント

★ローズヒップ・・・新陳代謝の促進・美白効果・老化防止・利尿作用・眼精疲労
           ビタミンの宝庫(ビタミンCはレモンの約20倍!)ともいえるローズヒップは以前ブームを巻き起こしました。
           ティーとして飲むのがおススメですが、酸味が強いので、蜂蜜やお砂糖を入れたほうが飲みやすいです。

 

★タイム・・・頭痛、神経痛、腹痛などの緩和・去痰作用・抗菌作用があります。
       気管支やのどの炎症に効果的で、のどが痛む時には濃い目のお茶を作ってうがいをするとよいそうです。
       ※妊娠中の方は控えたほうがよいハーブです。

                                                                                                                            タイム

★ジャーマンカモミール・・・風邪症状の緩和・不眠・消化不良・月経不順・冷え性・貧血
                女性におススメなハーブです! 眠れない時にはホットミルクで♪

                                                                                                                        カモミール
 

★ヤロウ・・・血液浄化作用・発汗作用・冷え性・高血圧・自律神経失調症
        風邪の時などに飲むと発汗作用で毒素を対外へ排出し、回復を早めてくれます。
        飲みづらい時は蜂蜜を加えるとよいようです。
       ※妊娠中の方は控えたほうがよいハーブです。

 

昔の人々は体調が良くない時、身近にある植物を使って治療をしたりしていたようですが、

見た目が同じような植物の中から症状に合ったものを選んで使っていたなんて凄いことだなぁと関心してしまいます!

自然の力を利用して体調不良を改善できれば素敵ですね。

 

ハーブティーを普段からよく飲まれる方は多いと思いますが、独特の味や苦味が苦手・・・という方もいらっしゃると思います。

現在、市川店では、フルーツがブレンドされた飲みやすいハーブティーを販売しています。ぜひお試しください♪

 

 

市川店 医療事務 より

イラスト

 

2012-07-24 10:49:35

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1